建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター

建設業許可申請は書類作成のプロ、行政書士がお手伝い
TEL03-6452-9889

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター 建設業許可の無料相談は今すぐこちらへ。

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター建設業許可登録代行センター[HOME]

建設業を営もうとする者は、軽微な建設工事を除いて、建設業の許可を受けなければなりません。
煩雑な手続きや書類作成は、建設業許可登録のプロフェッショナルにお任せ下さい。

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター

建設業許可(登録)が必要な事務所

建設工事の請負を営む場合、元請人はもちろん、その下請負人であっても建設業の許可を受けなければならないというのが原則です。ただし下記の事業規模に該当する場合は必ずしも必要としません。

1、建築一式工事については、工事一件の請負代金が1、500万円に満たない工事
  、または延べ面積が150?に満たない木造住宅工事。

2、建築一式以外の工事については、工事一件の請負代金が500万円に満たない

  工事。

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターご相談はいますぐこちらへ

建設業許可の要件チェック

許可が受けられるかどうか下記にてチェックをしてみてください。
業務発注にあたって、昨今では下請け業者であっても厳しく選別されています。
仕事量の確保の為にも、建設業許可が受けられるのであれば、是非取得されることをお薦めします。
建設業の経営業務について総合的に管理する経営業務管理責任者がいる 建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター
NO















建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターYes
営業所に常勤してその職務に従事する専任の技術者がいますか 建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター
NO
建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターYes
請負契約に関して、法律に違反する行為をしていない 建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター
NO
建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターYes
財産的基礎・金銭的基礎がある
<一般建設業の場合>
■自己資本が500万円以上ある
■500万円以上の資金調達能力がある
■許可申請直前の過去5年間に許可を受けて営業を

  した実績がある

上記のいずれかに該当する

<特定建設業の場合>
■流動比率が75%以上ある
■資本金が2,000万円以上ある
■自己資本が4,000万円以上ある
■欠損の額が資本金の20%を超えていない

上記の全てに該当する

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター
NO
建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターYes
欠格要件に該当していない 建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター
NO
建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターYes

建設業許可を受ける事が可能です

建設業許可申請、建設業許可・登録代行センターご相談はいますぐこちらへ

INDEX
建設業許可登録とは[Home]
建設業許可申請、建設業許可・登録代行センター建設業の許可(登録)が必要な事業所
法が定める建設業の業種区分
建設業登録/許可の区分
[参考]建設業許可に関するフローチャート
同一業者に掛る二以上の許可の一本化
建設業許可の有効期限
建設業許可をうけるための5つの要件
建設業許可申請に必要な書類
持参書類及び証明書類についての補足
届出事項の変更届
建設業許可の更新
廃業届
経営事項審査について
建設業許可・登録の為の書類作成費用
建設業許可・登録代行センターについて
建設業登録に関するの無料相談・お問合
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。

相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright (C) 建設業許可登録代行センター. All Rights Reserved

建設業許可登録作成代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。